返済計画

長期ローンの見直し

金融業者への支払いが長期に及ぶ場合、期間が長ければ長いほど金利の支払いも大きくなってきます。もち
ろん、支払い期間が長いほど月々の支払い額が減って生活は楽になりますが、金利によっては長期間の借り
入れは金利の額だけで元金を超えてしまう場合もあります。

そういった無駄な支払いを回避するためにも、可能であれば支払いを早く終了して、借金を完済したいもの
です。

借り換えローン

現在進行中の長期ローンの利息が高い場合、それを低金利のローンへの借り換えをすることで、総支払額は
大幅に減少します。長期ローンである住宅ローンの場合、担保能力に余裕があれば当然借り換えは可能です
。新規の借入が可能なだけの担保価値が、その住宅にあれば問題ありません。

ただ、不動産価値が落ちてしまっている住宅の場合は、当然担保価値も落ちてしまいますので、住宅ローン
がまだ多く残っているようならば、借り換えは不可能です。

0

長期ローンの繰上返済

前述したように、長期ローンは月々の返済は楽ですが、借り入れ期間が長いことから金利に充当する金額も
大きくなってきます。そこで、可能な限り支払い期間を短縮することで、総支払額を減らすことが可能です

返済期間を短縮するには、ある程度生活に余裕が出来た状況を確認します。余裕がないのに期間を短縮して
しまえば、返済に際して無理が生じてしまいます。あくまでも支払額を増やしても生活に支障がないのが前
提です。

生活に支障がないと判断すれば、一部繰上返済をしましょう。繰上返済によって元金が減少し、その分支払
うべく利息の額も減少します。もっとも、繰上返済をするだけのお金があることが前提となりますが。